投稿者「tadano」のアーカイブ

為替レートの動きは面白い

外国と取引をするための為替レートは
絶えず動いていて円安に向かっているかと思ったら
円高方向変わっていったりするものです。

経済的にはどちらの方が良いのかは、
言い切れないのです。

でもFXトレードをやっている人にとっては、
円安でも円高でも利益を得ることが可能です。

円を売って米ドルを買うか、
米ドルを売って円を買うかという選択肢があるのです。

さらにFXが面白いのは、
経済状況に対して真正面から把握しなければできないのです。

でもゼロサムゲームのFXですから自分のところに
利益を呼び込めるとは限らないのです。

毎日のトレードをやるにしても
長期トレードでじっくりやるにしても
トレードのタイミングが大切で、

チャート分析で動きを予測したり、
今までの自分の成功事例を振り返ってみて
新しいトレードを仕掛けていくのがFXです。

為替レートの動きの捉え方

毎日のように変動している
為替レートや日経平均株価ですが、
経済情勢の一面をあらわしています。

変動している為替レートは、
日本とアメリカで見ていけば、
通貨は需要と供給によって成り立っているので、

投資家や一般のFXトレーダーやあるいは、
国単位で売買が起こっていきます。

ですから2国間の力関係を
見ていけばどう動くかが見えてきます。

そう見ていくと為替レートの動きは経済学ですが、
数字の動きだけを追いかけて見ていくと
もっと違った捉え方ができるのです。

FXの手法にテクニカル分析がありますが、
変動する数値を分析しながら見て行くと
何かしらの法則性があることが見えてきて、
今後どう動くかの予測ができるのです。

FXの面白さはそんなところにあるのです。

FXは本当に手数料がいらないの?

FX会社を選んでいくときに重
視しなければならないのが、
外貨を売買するときにFX会社に支払う手数料です。

外貨の売買を代行して行って貰うので、
その経費代として支払う必要があるのは当然だと思います。

そしてかっては、1回ごとの外貨の売買で
数百円の手数料を取られていたのですが、
今は手数料ゼロがあたりまえとなってきていますよね。

でもそれではFX会社は成り立って行かないのです。。

実はFX会社の手数料となっているのが
スプレッドだったのですが、知っていましたか?

ニュースで今の通貨レートを伝えるときに
「1ドル102円20銭から40銭で取引されました。」
なんて報じられていますが、
この20銭の差額がスプレッドで、
FX会社の手数料になるのです。

短期でもNDD

最狭と言われるスプレッドは
0、と考えていたものが、
売買レートの組み合わせによって
マイナスとなることがあり、
ある意味で手数料をもらってしまう瞬間が存在する。

NDD、つまりノーディーリングデスクの
メリットはこれでしょう!

セントラル短資のNDDの場合、
大口トレードだけではないんですね。

ウルトラFXでは5万通貨でも売買が可能ですから、
これによってスプレッドは心配なく、
また短期売買にも対応する画期的な商品、口座と言えるでしょう。

実際に約定も早いようです、
スピード感も満足度が高くて、
画面を見ながら一括決済するコツも
すぐにつかめる使いやすさも魅力ではないでしょうか。

加重平均値が表示されていますので
全決済して勝てるか負けるかが
すぐに判定でき、ネットワークの強みを活かしたいところです。

ケース・シラー米住宅価格指数発表!

6月ケース・シラー米住宅価格指数が発表となりました。
予想は159.3でしたが、159.54という結果に。

御陰で米ドル/円は下落と言いたい所ですが、
スットーンと落ちたのは発表の2時間前。

直接関係があるかどうかについては、
定かではありませんが97.6円台から97.28円まで
一気にいっちゃいましたね。

チャートを見る限りだともっと下がりそうな予感(悲)

ケース・シラー米住宅価格指数とは
住宅価格の水準を表した指数の事を言います。
2000年1月の時点に出された指数を100として、
どれ程の価格になっているのかを表示します。

さて次なるビッグイベントは、
29日発表の米4-6月期四半期実質国内総生産の発表です。
この結果が果たして吉と出るか凶と出るか?
予想としては2.2%とあるが果たして…..?

会社選びに注意が必要なFX

FXを扱ってきている証券会社が増えてきていますが、
FXのスタートは信用できる会社の口座開設から始まります。

選ぶ基準の「まず絶対つぶれない証券会社」は重要項目です。
潰れてしまうと大切な自己資金はどうなるのかという心配がでてきます。

さらにFXはネット決済によるものですから、
不正利用をされる危険性が避けられません。

ネット決済の基本はパスワードと
本人認証で他の人が勝手に自分名義のサイトに
入れないようにする為には必要です。

よくある「ワンクリック取引」は、
危険性は高いので避けるべきです。

さらに、パスワードを絶えず変えていくのも、
FXをやっていく上ではあたりまえです。

でも、絶対潰れないという確証は、
リーマンショックによって
全く出来なくなってきているので、
安定経営の大手証券会社で安全性を
確保していくしかないのかも知れません。

FXはギャンブルなのか?

FX初心者というのは、
色々な情報に流されてしまうものです。
私も最初はそうでした…(今でも初心者ですけど)

そこで私が思ったのはFXや株というのは
ギャンブルと似ている、ということです。

もちろんギャンブルに比べれば
知識や努力が利益に直接結びつきます。

ただ、気持ちの持ち方がギャンブルと似ているんです。

本当であれば今のタイミングで売れば良いのに、
もっと大きな利益が欲しいからといって結果的には損をしてしまう…
そのような経験のある方も多いと思います。

そういった大きな利益のために
ついつい現在の状況を見誤ってしまう、
というのはギャンブルと良くにていますよね。

ただ、こればっかりはもっと大きな利益を!
もっともっと!
という人間の欲が根底にある以上、
仕方の無いことではありますよね。

スワップ取引はどうよ!

FXは円と他の外国の通貨の関係が動くことで、
売買によって儲けたり損をしたりする
という仕組みだと思っています。

うん、説明が上手くないのだけれど、、、

1ドルが100円の時と1ドルが90円の時では
10円の違いが出るわけです。

1ドルを90円で買った後、
1ドルが100円になった時に売ったら、
10円の儲けってことですよね。

最初はそういう取引で楽しむとしても、
慣れてくればまだまだ楽しみ方があります。

例えばスワップ金利なんかは
どうかなと思うのです。

スワップ金利って日本円で預ける金利と、
同じ額の日本円をドルに変えて預けると
ドルとしての金利になるから、
そちらの方が金利が良いということも
あるというFX取引方法で、

金利差分を毎日受け取れます。
ん~でもまだまだ世界中が低金利ですので、
以前のような金利差が内容で、
このスワップ金利狙いだけで取引するは、
まだまだリスクがあるようです。

ですが先週、米国では緩和縮小か!
と騒がれ国債金利も上がってきたので、
これがらが楽しみです。

FXサイトを検索してみると?

FXをやっていると、
FXに関していろいろ知りたくて
パソコンでいろいろなサイトを検索します。

FXをやっている様子を
ブログにアップしている
サイトもたくさんあります。

FXの用語ややり方など細かく
解説しているサイトもあります。

FXを行う上で口座を開設する
FX会社の比較をしているサイトもあります。

今自分がどのようなことを知りたいのかを
検索キーワードに盛り込めば必要なサイトが
たくさんヒットします。

たくさんのサイトの中から見るサイトは、
やはり最初に出てくる数サイトですね。

大体似かよったことを書いているので、
そんなもんなんだなと納得してしまいます。

あまり難しいことを書いているサイトは、
私には無理とすぐに飛ばしてしまいますけどね。